本文へスキップ

動画 腰痛・坐骨神経痛改善ストレッチ(体操・運動療法)【腰痛トレーニング研究所】東京都新宿区四谷

電話でのお問い合わせは03-6457-8616

東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301

動画 腰痛・坐骨神経痛改善ストレッチ(体操・運動療法)

動画 腰痛・坐骨神経痛改善ストレッチ(体操・運動療法)


このページでは、腰痛や坐骨神経痛を改善する効果が期待できるストレッチを、YouTube動画で紹介しています。


症状別ストレッチ






姿勢別ストレッチ

寝たままできる腰痛・坐骨神経痛ストレッチ
床に座ってできる腰痛・坐骨神経痛ストレッチ
立ったままできる腰痛・坐骨神経痛ストレッチ 

痛む部位別ストレッチ

腰の片側が痛む場合

腰の中心や骨盤周囲が痛む場合

腰から脚にかけて痛む場合(坐骨神経痛)

ストレッチをする際の注意

ストレッチをする場所

安定した平らな場所を選び、リラックスした服装、姿勢で行ってください。 布団の上やベッドの上では危ない場合があります。

無理に行なわない

ストレッチはあなたの身体の硬さにあわせて行なってください。 サンプル動画と同じようにできなくても構いません。 無理に行なうと腰の関節や筋肉に負担をかけてしまい、かえって痛みが悪化してしまう場合がありますので注意してください。

動作をゆっくり行なう

はずみをつけず、力を入れずに身体を動かすことが大切です。 ゆっくり動き、一番筋肉がストレッチされているポーズのまま10〜30秒ほどキープして、またゆっくり戻るようにしてください。

動作と呼吸を合わせる

ストレッチの動作を始めると同時に、ゆっくりと息を吐き、一番ストレッチされるポーズで息を吐ききります。 そのまま2〜3回ゆっくりと呼吸し、筋肉が少しずつ延びていくのを感じてください。

伸びている感覚に意識を集中する

一番ストレッチされるポーズの時に感じる感覚に意識を集中します。 筋肉が伸びている感覚は、『痛いけど気持ちいい』 『効く〜』 という感覚です。 この感覚をしっかり意識して、筋肉が伸びていることを感じましょう。そうするとよりストレッチの効果も高まります。 また余分な雑念が消え、その間仕事や心配事などのストレスから解放されるので、精神的にも楽になれます。

ゆっくり味わって戻す

ポーズをゆっくりと元に戻していく時、筋肉がつっぱっている感じから、段々ゆるんでいく感じをゆっくりと味わいながら行なってください。 ゆるんでいく感じをしっかり意識することで筋肉の血行がよくなり、こわばっていた筋肉がゆるんで伸び縮みできるように回復します。

決まったポーズを決まった時間やっても効果はうすい

ストレッチは形や筋肉を伸ばす時間などに意識がいきがちですが、それだけでは本当の効果は得られません。

『動作をゆっくり行なう』
『動作と呼吸を合わせる』
『伸びている感覚に意識を集中する』
『ゆっくり味わって戻す』

この4つが大切です。つまり、あなたの身体の中の感覚、筋肉が伸びたり縮んだりする感覚や、痛いとか心地よいとかいった、あなたの身体が発する声に耳をかたむけるということです。このポイントさえおさえられていれば、ストレッチのポーズが上手くできなくても、素晴らしい効果が現れます。


自宅で出来る!腰痛トレーニングDVD

腰痛トレーニング研究所で指導している『コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム』。そのトレーニングとセルフケアがDVDになりました!


DVD 1枚組 全52分

【自宅で出来る!『腰痛トレーニング』DVDダイジェスト】


DVDにはこんな内容が収録されています

@インナーマッスルを回復する コアヌードルトレーニング 8種類

背骨や骨盤を動かさないトレーニングで、腰を支える力を養います。


Aインナーマッスルを使いながら動く コアコーディネーショントレーニング 6種類

インナーマッスルを使いながら体を動かすトレーニング。
痛みのおこらない動きを身につけます。


B腰や脚の痛みを改善する 下半身のトレーニング 7種類

下半身のトレーニングをおこなうことで、筋力や柔軟性、血行などを回復すると、痛みやしびれ、歩行障害の改善につながります。

C痛みの原因筋をボールでほぐす トリガーポイントセルフリリース 4種類

痛みやしびれの原因となる筋肉のこわばり『トリガーポイント』を、自分でほぐし、解消します。

Dセルフストレッチ 5種類

痛みやしびれの原因となっている筋肉、関節の硬さを、自分で伸ばし、解消します。



『自宅で出来る!腰痛トレーニングDVD』のご購入はこちら


DVD 1枚組 全52分


免責事項

このサイトは、腰痛、坐骨神経痛と関連症状に関する情報提供を目的としております。

■ このサイトの記載内容は、医学的なエビデンス(医学的研究による証拠、根拠、検証結果)によって有効性が証明されている事実や最新の治療法、最新のリハビリテーション(運動療法)に基づいて構成されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。
■ 対象となるのは、主に筋肉が原因となる腰痛、坐骨神経痛などです。生理痛などの内臓性腰痛や、その他重篤な疾患が原因の腰痛には効果が無い場合がありますのでご注意ください。
■ 腰痛や坐骨神経痛には様々な原因がありますが、中にはまれに危険な病気やケガなどが原因の場合があります。万が一危険な病気やケガが見つかった場合は、医師の指示に従い、腰痛そのものより原因となっている病気やケガの治療に専念してください。
■ あらゆる病気やケガの回復には個人差があります。提供する情報の有用性その他についての保証は行わないことをご了承いただき、自己の責任においてご利用ください。
■ またこちらに記載されているストレッチ、その他の運動をおこなったことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。